味覚障害の対応

シェアする

抗がん剤や放射線治療の副作用として、味覚障害が出現します。

味覚障害は食欲低下につながり、栄養障害を招きます。

栄養障害は全身状態を悪化させ、抗がん剤や放射線治療の妨げとなるという悪循環を生みだします。

軽視されがちですが、無視できない症状が味覚障害です。

味覚障害の対応とツボ、マッサージ

味覚障害はがんの基礎知識で詳しく説明しています☞がんと味覚障害

味覚障害の食べ物の工夫

栄養士が言われていましたが、味覚障害に対しては本人の訴えに合ったものを試していく所から始めるようです。

美味しいという記憶はその人の生まれた時から形成されたものなので、個人差が大きいです。

食欲は舌の感覚ではなく、脳に支配されています。

食欲を保ち、食事を食べてもらうことが大事です。

患者さんには遠慮せずに食べたいもの、試したい食べ物を教えてほしいと思います。

味覚減退・味覚消失

味覚障害のページでも述べていますが、味覚の減退・消失は最も頻度の高い症状です。亜鉛不足が関係していることから、亜鉛を添加したゼリーや栄養剤を勧めます。味覚が減退していると味が感じれないので、高カロリーの栄養剤を出すと味を感じるケースもあります。5味のなかでは甘味と酸味は減退しにくいので、果物、ゼリー、ケチャップなどが好まれます。

自発性異常味覚

口の中に何もないのに、嫌な味や苦みを感じる症状です。さっぱりとした果物や、サイダー味のゼリーや栄養補助食品、味の濃いインスタントラーメンや牛丼なども好まれます。味付けでは濃いダシやバター、乳製品、みりんや酒を用いたコクのある食べ物が受け入れられやすいです。

異味症

その食べ物本来の味がしない症状です。味覚ではどの食事も不味いと感じてしまうので、嗅覚に訴える工夫が良いです。好きな食べ物の匂いを思い出しながら、それを食べる事で、脳の整合性が得られ、食欲が出てきます。

味覚障害の対応

温度の工夫

温かいものより、冷たいものが好まれます。おにぎりの場合だと、味の付いた冷おにぎり(コンビニのおにぎり)を試してみて下さい。

味付けの工夫

すし酢やポン酢、トマトケチャップ、ソースなど酸味のあるものを好まれる方も多いです。また、甘味は保たれることから、桃やブドウなどのフルーツや和菓子、洋菓子、菓子パンも試して下さい。甘いものが嫌いな男性でも、嗜好が変わって食べるかもしれません。
うま味も保たれるので、うま味成分のグルタミン酸濃度が濃い食べ物を選択すると良い場合も。カツオだしや茶わん蒸しなどです。また、味覚障害がおこるとイモ類の天ぷらやポテトサラダなのどが好まれる傾向にあります。

食事行動の工夫

仲間と話しながら食べたり、外食をしたりすると食が進むこともあります。朝昼夕と1日三回の食事に限定せず、お腹が空くまで待つのも良いです。食べなきゃいけないという強迫観念が、食欲を落としてしまうこともあります。どうしても味が合わない場合は、勢いで割り切って食べる事も重要です。味覚障害は永遠には続かないので、気がつけば回復しているケースが多いです。

唾液腺マッサージ

前述した通り、唾液は味物質を味蕾へ届ける手助けをしています。耳下腺マッサージは自分で行えることから、味覚障害の対処法として有効です。

耳下腺マッサージ

耳下腺マッサージ耳下腺咬筋部に指を当て、大きく円を描くように回します。回数は10回程度。強く推さず、皮膚表面を撫でる位の力で行ってください。

顎下腺マッサージ

顎下腺マッサージ顎下の顎下腺を、後方(耳側)から前方にむかって、指をずらしながら押していきます。押しながら唾液の分泌がありますので、唾液が出たら前方にずらして下さい。

舌下腺マッサージ

舌下腺マッサージ

下を突き上げるように左右の親指でゆっくりと押します。これを10回程度行います。

ツボを刺激する

鍼灸師に味覚障害に対するツボがないか聞いてみました。

味覚障害に直接作用するツボはないそうですが、消化器系のツボを刺激することで、間接的に唾液の分泌や食欲増進効果があるツボはあるそうです。

誰でも簡単に押せるツボですので、紹介します。

ツボの押し方は、指の腹で、痛気持ちいい程度に押してください。

押す時間は10-20秒程度です。

左右の痛みが起こる場所を押し揉みます。

ツボの刺激は慣れてしまうので、左右交互に刺激を与えて下さい。

足三里

足三里

合谷

合谷

味覚障害の対応まとめ

味覚障害に対しては、食べ物の工夫や食生活改善が有効とされています。

自分で行える唾液腺マッサージやツボを刺激することで、味覚障害を改善できるかもしれません。

味覚障害は一時的な副作用ですが、栄養状態を悪くする可能性もあるので、上手に付きあう知恵を身につけましょう。




【参考文献】
徳間みづほ.唾液腺マッサージの実際.老年歯学:第20巻(4).2006.
杉本久美子.味覚障害.総合リハ:第46巻(11).2018.