ハイパーサーミア(温熱がん治療)

シェアする

ハイパーサーミアという温熱がん治療をご存知でしょうか。

ハイパーサーミアは保険診療の認められた、がん治療です。

がんを温熱で倒す治療で、最古のがん治療法でもあります。

近年、その技術も進歩し、がん治療として保険適応されるまでに至っているのです。にも関わらず、認知が低いです。

その理由は?

ハイパーサーミアの効果と治療代などについて、まとめました。

ハイパーサーミア

ハイパーサーミア

がん治療のハイパーサーミア

がん細胞は43℃以上(約1時間)で死滅することが明らかになっています。

高温の温熱を与えると、正常な細胞まで傷つけてしまうのではないかと思われます。

がん組織の血管は硬いため血管が拡張せず、熱を放散できません。

そのためがん細胞は温度が上昇しやすい特徴を利用し、正常細胞を破壊することなくがん細胞だけを選択的に温熱します。

癌組織の血管の特徴

また、放射線治療や抗がん剤との併用による効果も報告されています。

適応は脳と眼球以外となっています。

また、人工関節などの金属やペースメーカーを装着されていると、治療できません。

1回の治療時間は50分くらいです。




ハイパーサーミアの歴史

1983年:サーモトロンRF8の試作機完成
1984年:日本ハイパーサーミア学会誕生
1984年:サーモトロンRF8が医療機器として正式採用
1990年:山本ビニター社の電磁波加温装置「サーモトロンRF8」が高度先進医療から健康保険の適応へ。但し、放射線治療との併用の場合にのみ保険適応。
その後、ハイパーサーミア単独のみ実施でも保険適応となる。

ハイパーサーミアの効果

熱ショック蛋白(HSP)発現による抗腫瘍効果
43℃以上の温熱に弱いがんに対する抗腫瘍効果
マイルドな温度(41-42℃)刺激による血管拡張効果

低用量抗がん剤+ハイパーサーミア

ハイパーサーミアは抗がん剤と組み合わせることが有効とされています。

それはハイパーサーミア学会でも共通の認識となっており、その効果を疑う医師は少ないです。

機序としては、ハイパーサーミア治療によってがん組織の血管が拡張し、血流が増加します。

すると抗がん剤がよりがん血管(腫瘍血管)へ多く届けられるため、抗腫瘍効果が増大すると考えられています。

通常量の抗がん剤+ハイパーサーミアを行うと、抗腫瘍効果はさらに高まりますが、身体にかかる負担は計り知れないです。

低用量抗がん剤のメリットは、副作用が少ない事です。

低用量は、抗がん剤通常量の1/3~1/4で、通常量と同等の効果が得られることが分かっています。

ハイパーサーミアを受けている方の声

A氏:私はハイパーサーミアと抗がん剤の治療を受けています。この治療は脱毛や疲れが全然違います。以前は抗がん剤のみの治療を別の病院で受けていましたが、副作用がきつくて動けませんでした。髪も抜けてしまい、ウィッグをつけていました。ハイパーサーミアと組み合わせる抗がん剤に変えてからは、髪も生えるし、次の日も普通に動けます。抗がん剤の副作用に苦しむ方へ知ってほしいと思います。
B氏:週1回のペースでハイパーサーミアを受けています。ハイパーサーミアを受けた当初は汗をびっしりかいていました。1年後くらいから汗をかかなくなりました。ハイパーサーミアの部屋は冷房が効いていて寒いくらいですが、ハイパーサーミア中は身体が熱くなるのでちょうどよいです。

ハイパーサーミアの治療費

ハイパーサーミアは、保険適応で受けれる施設と、自由診療で行っている施設に分かれます。

その理由は、保険診療がとても安く、利益が上がらないからです。

ハイパーサーミアの機械は見ての通りとても大型で値段が高いです。

しかし、保険診療が算定できる(国に保険適応として申請できる)は、1人の患者さんにつき3カ月に1回、9万円です。

採算が合わないので、自由診療の施設が多いんです。

保険適応で受けられる施設の場合

3か月に1回9万円。保険適応なので、患者さんは3割負担となり、毎月1万円くらいとなります

施設が国へ請求できるのは3カ月に1回なので、ハイパーサーミアをどの位のペースで受けられるかは施設が決める事ができます。

週1-週2回の施設が多いです。

自由診療で受けられる施設の場合

自由診療なので、施設が自由に値段を設定します。

よく見かけるのは、パック料金です。

「ハイパーサーミア+別の自由診療」で5万円など。

ハイパーサーミア単体だと、1回2万円が相場です。

お試し期間として最初の1カ月は保険適応、その後は自由診療という施設もありますね。

ハイパーサーミアの機器投資を回収するためには、かなり高額の料金を患者さんへ請求することになります。

自由診療で行っている施設のハイパーサーミアの料金はバラつきがあるので、施設へ確認が必要です。




ハイパーサーミアまとめ

ハイパーサーミアは保険適応のがん治療です。

しかし、診療報酬の低さから普及が進まず、受けられる病院は多くありません。

また、保険診療より自由診療で行っている病院も多いため、高額な医療費がかかってしまいます。

ハイパーサーミアの魅力は、低用量抗がん剤と併用する事による副作用が少ないことです。

参考文献
Itoh Y.Experimental Therapeutic Medicine1.pp319-323.2010.
長谷川武夫. ハイパーサーミアおよび血管作動性薬剤併用時における局所血流量の変化.
小野博史. マイルドハイパーサーミアにおける化学療法併用時の腫瘍への薬剤取り込み.日本ハイパーサーミア学会誌22(1).2006.
櫻井英幸. ハイパーサーミアの有効利用に関する基礎的、臨床的研究. Kitakanto Med J(52). pp69-70.2002.
寺嶋廣美. 温熱療法による癌性疼痛の緩和. 日本ハイパーサーミア学会誌10(4).1994.