陽子線治療

先進医療として行われている陽子線治療ですが、1クールの治療で約300万円と高額です。

しかし多くの方が陽子線治療を望まれており、一部の疾患では保険適応になりました。

放射線との違いや、陽子線治療が行われている施設をまとめています。

陽子線治療と先進医療

陽子線治療の特徴

陽子線治療は、放射線治療をより安全に行うために進化した治療です。

簡単に言うと、放射線より的確に、かつ正常組織への影響を抑えつつ放射線治療を行える治療であり、それが魅力の治療法です。

放射線治療はX線やガンマ線と呼ばれる、重量のない性質の光を使って治療を行います。

照射点が一番強いエネルギーを持ち、遠くなる程弱くなります。

一方、陽子線は水素イオンを用い、重量がある粒子に与えるエネルギーを調整する事で特定の部位へ粒子を意図的に飛ばせます。

放射線治療の場合、悪性腫瘍へ照射できるように調整されるものの、その線質から悪性腫瘍に到達するまでの正常組織でエネルギーが減少しますし、正常組織への影響も出てしまいます。

一方、陽子線は電圧を調整することで粒子にエネルギーを与え、悪性腫瘍へピンポイントにエネルギーを与えられます。

正常組織への影響も放射線と比べて少ないです。

放射線と陽子線イメージ

陽子線と重粒子線の違いとは?

治療期間

陽子線の費用と期間

治療期間は疾患の部位や大きさにより異なります。

保険適応疾患

小児がん

前立腺癌

頭頸部腫瘍(扁平上皮がんを除く)

骨軟骨部腫瘍(切除が難しい骨や軟骨)

保険適応外でも行われいる疾患

早期肺がん

肝臓がん

鼻腔・副鼻腔・頭蓋底浸潤がん

陽子線治療ができないケース

数カ所に転移がある

同じ腫瘍に対し、陽子線治療歴がある

医師に難しいと判断された場合(体調など)




陽子線治療と先進医療

先進医療の場合、治療費は自己負担となりますが、検査代や入院費は保険適応です。

先進医療

陽子線治療施設と先進医療

陽子線と先進医療1

放射線と陽子線2

【先進医療A】

適応:頭頚部腫瘍(脳腫瘍を含む。)肺・縦隔腫瘍、消化管腫瘍、肝胆膵腫瘍、泌尿器腫瘍、乳腺・婦人科腫瘍又は転移性腫瘍(いずれも根治的な治療法が可能なものに限る。)

医療機関

北海道    北海道大学病院

北海道    社会医療法人禎心会 札幌禎心会病院

長野県    社会医療法人財団慈泉会 相澤病院

福島県    一般財団法人脳神経疾患研究所附属 南東北がん陽子線治療センター

千葉県    国立がん研究センター東病院

静岡県    静岡県立静岡がんセンター

福井県    福井県立病院

茨城県    筑波大学附属病院

愛知県    名古屋市立西部医療センター

愛知県    成田記念陽子線センター

大阪府    医療法人伯鳳会 大阪陽子線クリニック

兵庫県    兵庫県立粒子線医療センター附属神戸陽子線センター

兵庫県    兵庫県立粒子線医療センター

奈良県    社会医療法人高清会 高井病院

京都府    京都府立医科大学附属病院

岡山県    津山中央病院

鹿児島県 一般財団法人メディポリス医学研究所 メディポリス国際陽子線治療センター




【先進医療B】

適応:肝細胞がん(初発のものであって、肝切除術、肝移植術、エタノールの局所注入、マイクロ波凝固法又はラジオ波焼灼療法による治療が困難であり、かつChild―Pugh分類による点数が七点未満のものに限る。)

医療機関

北海道    北海道大学病院

福井県    福井県立病院

福島県    一般財団法人脳神経疾患研究所附属 南東北がん陽子線治療センター

長野県    社会医療法人財団慈泉会 相澤病院

静岡県    静岡県立静岡がんセンター

千葉県    国立がん研究センター東病院

茨城県    筑波大学附属病院

愛知県    名古屋市立西部医療センター

兵庫県    兵庫県立粒子線医療センター

岡山県    津山中央病院

鹿児島県 一般社団法人メディポリス医学研究所 メディポリス国際陽子線治療センター

【先進医療B】

適応:根治切除が可能な肝細胞がん(初発のものであり、単独で発生したものであって、その長径が三センチメートルを超え、かつ、十二センチメートル未満のものに限る。)

医療機関(陽子線治療)

北海道    北海道大学病院

静岡県    静岡県立静岡がんセンター

千葉県    国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院

茨城県    筑波大学附属病院

愛知県    名古屋市立西部医療センター

兵庫県    兵庫県立粒子線医療センター




先進医療と陽子線治療まとめ

陽子線治療は放射線治療と比べて後遺症も少なく、悪性腫瘍へピンポイントでエネルギーを照射できる治療法です。

近年、一部の疾患で保険適応となっており、先進医療も行われています。

費用が300万円と高額なため、保険適応の拡大が期待されます。