癌と腸閉塞

シェアする

腸閉塞(イレウス)は、癌患者さんに起こる症状の一つです。

おならが減り、お腹が張る事で、食欲低下や吐き気などの症状が出現します。

状態によっては癌治療を中止せざるを得ない事も。

まずは腸閉塞になる原因を知る事から始めましょう。

腸閉塞(イレウス)

腸閉塞(イレウス)の症状

腸閉塞とは、食べ物や消化液、ガスなどが何らかの影響により通過しなくなる病気です。

主な症状は、腹痛、吐気、嘔吐、腹部の張り、便秘や下痢、脱水です。

腸の役割

腸の役割

  • 食物の消化と吸収
  • 免疫機能
  • 病原菌の感染予防
  • ビタミンの合成
  • ホルモンバランスコントロール
  • 自律神経を整える

腸はこれだけの役割を担っています。

腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分類され、体調や食べ物に影響されて常に変化しています。

腸を整える事は、体を整える事と同等であり、腸の大事さが分かります。






癌と腸閉塞

多くの癌患者さんは、腸の問題を抱えています。

癌自体によるもの、癌治療の副作用によるものと、原因は様々ですが、大きく以下の4つが考えられます。

  • 癌治療薬・併用薬の副作用
  • 消化管、腹部の術後合併症
  • 癌による消化管圧迫・閉塞
  • 腹膜播種

癌治療薬・併用薬の副作用

抗がん剤は癌細胞のDNAを傷害する治療ですが、同時に腸粘膜細胞も傷つけてしまいます。

そのため、吐気や嘔吐、下痢といった副作用が出現します。

分子標的薬は、抗がん剤程の副作用は起こらないとされていますが、シグナル阻害剤(イレッサなど)やタンパク分解酵素、プロテアソーム阻害剤では、腸管症状が出現します。

消化管、腹部の術後合併症

開腹まはた内視鏡手術を行うと、高頻度に腸管症状を合併します。

多くの原因は、切開した術創部を修復する為に炎症性サイトカインが分泌され、癒着を起こすことです。

腸管症状が重症化し、腸閉塞になる事もありますが、それが1カ月後か、数年後か分かりません。

術後にみられる腸閉塞の種類

絞扼性イレウス

腸に栄養を与える腸管膜を締めつけ、腸管の血行障害を起こす状態。

単純性イレウス

血行障害は伴わず、腸管の障害のみにおこした状態。

麻痺性イレウス

腸管の蠕動運動が低下することで起こります。

これを防ぐために、術後はお粥などを持続的に摂るよう勧められます。

痙攣性イレウス

腸管が強く収縮し、腸管の蠕動運動が障害される状態です。

 

癌による消化管圧迫・閉塞

大腸や小腸、他に腹腔内の臓器にできた癌が大きくなり、腸が圧迫されることで起こる症状です。

癌自体の縮小が行えれば理想的ですが、多くの場合は困難ですし、緊急を要する場合がありますので、その際はマーゲンチューブやイレウス管などの挿入による一時的な減圧が行われます。

腹膜播種(癌性腹膜炎の合併)

腹膜播種した癌細胞が腹膜で大きくなり、腸管を圧迫します。

また、腹膜で炎症を起こし、腸同士や腸以外の臓器へ癒着を起こす結果、腸閉塞になります。

腹膜播種について詳しくはこちら

腸閉塞の治療

最初に行われるのは絶食と下剤または浣腸で胃腸を空っぽにし、補液を行う保存療法です。

吐気が持続する場合は、胃管(マーゲンチュウーブ)やイレウス管(ロングチューブ)を口から挿入し、減圧する処置が行われます。

マーゲンチューブとロングチューブ

先ほど述べた絞扼性イレウスや、腸捻転を起こしている場合は、手術が必要になります。

イレウスの状態によっては、人工肛門(ストーマ)を作る場合があります。

余談ですが、

ストーマは腸のどの部分で作られるかによって、自己管理のしやすさが変わります。

例えば、胃に近い小腸や十二指腸でストーマを造設した場合、便は柔らかいです。

肛門に近い下行結腸などでストーマを造設した場合、便が硬くなります。

管理の面から言うと、肛門に近い方が管理しやすいです。

軟らかい便は、漏れやすく、臭いも強く、皮膚も爛(ただ)れるので、管理も大変で、患者さんのQOLも低いです。

腸のどこでストーマを造設するかは、症状に合せた主治医判断となりますが、手術説明の際に、なるべく肛門側の腸でストーマを造設してもらうよう、主治医へ相談してみることをオススメします。

癌性腹膜炎の場合の治療

胃管+PEG増設

手術が適応とならない癌性腹膜炎のイレウス治療は、胃管(マーゲンチュウーブ)の一時的な減圧が試みられ、場合によっては胃瘘(PEG)を作成して減圧を図ります。

*腹水を伴う癌性腹膜炎がある場合、PEGは相対的注意とされています。

尖端が小腸まで到達されるイレウス管(ロングチューブ)を挿入する場合もありますが、胃管と比べて効果は同等とされています。

酢酸オクトレオチドの投与

酢酸オクトレオチド

腸液分泌の低下や腸における水分、電解質の再吸収を促す作用のある酢酸オクトレオチド300μg/日の持続皮下投与が推奨されています。

体験者のお話

私は手術後イレウスで5度ほど入院しました。イレウスの症状はとても辛いものがあります。まず吐気がきます。痛みは陣痛のように周期的に起こりました。一番楽な姿勢は背中と足を丸めて横向きになることです。病院に行くと(動けない時は救急車)、絶食+点滴+浣腸と下剤で、胃腸の中を空っぽにされます。すると数日かけて吐気と疼痛が治まり、退院となりました。腸捻転はおこしていなかったので、手術は必要ありませんでした。




癌と腸閉塞まとめ

癌の腸閉塞は、多くの癌患者さんが悩む症状の一つです。

吐気、嘔吐、腹痛、下痢などの症状が出現します。

癌に伴う腸閉塞の原因には、癌治療薬の副作用、術後合併症、癌の圧迫、腹膜播種があります。

治療は保存療法から手術まであります。

参考文献
・幸田圭史. イレウスの治療と予防.日本消化器外科学会教育集会. 2010.
・戸倉夏木. 癌終末期消化管閉塞に対するオクトレオチドの有用性. 日消外会誌40(4):522~527,2007.