骨髄抑制

シェアする

化学療法や放射線治療を受けると、白血球、赤血球、血小板の値が低くなる骨髄抑制を生じることがあります。

骨髄抑制は時間とともに回復しますが、その間は感染症などに注意が必要です。

骨髄抑制に対する対策や分類などを、分かりやすくまとめました。

骨髄抑制のキホンと対策

骨髄とは?

骨の構造と骨髄

骨髄は、全ての細胞の基になる幹細胞を作り、血液細胞(白血球、赤血球、血小板)へ成長させる機能を持っています。

とても重要な機能であり、骨髄は堅い骨に守られて存在しています。

しかし、抗がん剤は骨髄細胞の働きを阻害してしまいます。

そのため、骨髄抑制と呼ばれ、血液細胞の減少が起こってきます。



骨髄抑制

骨髄抑制のグレード分類

化学療法により血液をつくり出す骨髄の機能が障害を受けると、白血球や赤血球、血小板などが減少します(骨髄抑制)。

そのため、常に注意を払う必要があります。

骨髄抑制はグレード1-5に分類されます。(北海道医療大学がん予防研究所 小林正伸先生参照)

グレード1では治療を要しませんが、2以上になると、何らかの対策が講じられます。

一般的に、骨髄抑制は2週間で回復するとされており、安静に待つことが大半です。

骨髄抑制の症状

骨髄抑制の症状

白血球と感染症

白血球は免疫機能に関与しているため、白血球が低値になると、感染症を起こしやすくなります。

白血球の関わる免疫について⇒免疫の仕組み・免疫を高める方法

感染症による発熱がみられた場合は、抗生物質や抗真菌剤が投与されます。

白血球の好中球数が過度に減少した場合、G-CSF投与がガイドラインに則り使用されますが、慎重に検討されます。

赤血球と貧血

赤血球(ヘモグロビン)は栄養や鉄分を運ぶ役割があるので、赤血球が低値になると、貧血や、慢性的には栄養不足などの症状も現れてきます。

ヘモグロビンが7g/dL以下になると、輸血が行われます。

血小板と出血

血小板は血液を1次凝固させる働きがあり、血小板が低値になると出血が止まらなくなります。

血小板が2万を下回ると、血小板輸血が行われます。

血液データについて詳しく知りたい方⇒がんの血液データの見方

骨髄抑制の時に気をつける事

  • 手洗いうがい
  • 不要な外出は控える
  • マスクを着用する
  • 体を清潔に保つ
  • バランスの良い食事を摂る

骨髄抑制は、一時的に起こる症状なので、その期間だけ安静にしておくのが一番です。

しかし、就労しながらがん治療を行うAYA世代も多くなっており、自宅で安静をとれる方は少ないです。

お仕事や外出の際には、手洗いうがいや予防を行いましょう。

また、食事で骨髄抑制を改善するエビデンスはありません。



骨髄抑制まとめ

化学療法や放射線治療を受けると、血球の減少がおこりますが、これを骨髄抑制と呼びます。

骨髄抑制になると、感染症や貧血、出血傾向に注意が必要です。骨髄抑制を改善する方法はなく、回復するのを待つのみです。

その間に感染症などのリスクが高まるので、手洗いうがいやバランスの良い食事を摂る事が重要になります。