女性ホルモンと体重増加

シェアする

乳がん患者の約6割は、女性ホルモンが原因と言われています。

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンがあります。

ホルモン療法は主にエストロゲンを抑制する治療になりますが、副作用の体重増加に苦しむ患者さんが多いです。

ホルモン療法で抑制する女性ホルモンと、ホルモン療法の種類、体重増加のメカニズムをまとめました。

ホルモンと体重増加

女性ホルモン

女性ホルモンの仕組み

一生でスプーン1杯にも満たない女性ホルモンですが、女性はホルモンに支配されています。

女性ホルモンは、視床下部が中枢です。

女性ホルモンの揺らぎによって、気分、食欲、精神、活動が変化します。男性には理解できない気分の浮き沈みも、女性ホルモンの影響です。

女性ホルモンの変動と気分の関係

エストロゲン分泌(卵胞ホルモン)が増えると、食欲抑制と体脂肪燃焼、エネルギー消費の増加を起こします。キラキラ期と呼ばれる、女性の気分が一番良い時期は、エストロゲンの分泌が高まる時期と重なる事が、図から分かります。

反対にプロゲステロン分泌(黄体ホルモン)が増えると、気持ちが不安定になり、食欲が増して、体重も増えやすいです。

ホルモン療法の薬剤

女性ホルモン療法剤の作用ホルモン療法の種類と特徴

アロマターゼ阻害剤

  • アリミデックス錠(アナストロゾール)
  • フェマーラ錠(レトロゾール)
  • アロマシン錠(エキセメスタン)

閉経後の乳がん患者に適応。閉経後は卵巣のエストロゲン合成能が低下する変わりに、脂肪細胞の「アロマターゼ」が、副腎から少量分泌されているアンドロゲン(男性ホルモン)をエストロゲンに変換し、乳がん細胞を活性化します。

アロマターゼ阻害剤は、脂肪細胞のアロマターゼを阻害することで、乳がんん進行を抑える薬になります。

なので、閉経前の乳がん患者さんへ投与されることはありません。

プロゲステロン製剤(黄体ホルモン剤)

  • メドロキシプロゲステロン(ヒスロンH)

乳がん初期または転移性乳がんに使用される。

DNA合成抑制や、下垂体・副腎・性腺系への抑制作用により、関節的に女性ホルモンの働きを抑制する

抗エストロゲン剤

  • タモキシフェン製剤(ノルバデックス)
  • トレミフェン製剤(フェアストン)
  • フルベストラント製剤(フェソロデックス)←閉経後

閉経前・閉経後に使用される。

乳がん細胞の増殖を増やすエストロゲンの分泌を阻害する。

LH-RHアゴニスト

  • ゴセレリン製剤(ゾラデックス)
  • リュープロレリン製剤(リュープリン)

LH-RHアゴニストはLH-RHと似た物質であり、下垂体LH-RH受容体のアゴニストとして作用する。

そのため、初回投与時には性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)の分泌が増大する。

しかし、継続的に投与することでLH-RH受容体のダウン・レギュレーションが起こり、受容体の数が減ってしまう。

これによって、下垂体からの性腺刺激ホルモンの分泌量が低下する。




ホルモン治療を行うと食欲が増進するメカニズム

ホルモン療法による体重増加の要因

エストロゲンは、レプチンと同様に食欲を抑制し、体脂肪量の低下と、エネルギー消費量を上昇させます。

ホルモン療法によるエストロゲンの低下は、食欲増進、活動量低下、脂肪吸収増加を引き起こします。

エストロゲンは視床下部から放出されるLH-RH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)に支配されており、ホルモン治療によるエストロゲン低下は、視床下部へ影響を与えてしまいます。(ホルモンの血中濃度フィードバックを介して)。

自律神経の乱れは、消化器系へ影響を及ぼすので、間接的に食欲を乱すとも考えられます。

レプチン
脂肪細胞から分泌されるホルモンで、視床下部に働きかけて食欲を抑制したり、脂肪の燃焼を促す役割があります。しかし、睡眠不足や自律神経の乱れにより、レプチン量が少なくなります。

体重減少(ダイエット)の方法

世のダイエットの基本はカロリー制限です。食べる量(摂取カロリー)を減らし、いかに活動(消費カロリー)できるかが、王道です。

基礎代謝量を上げるために、筋トレに励む方もいます。

しかし、ホルモン治療患者はそれだけでは不十分です。

先にも述べたように、食欲増進は、薬剤性ホルモン異常により引き起こされており、食欲中枢の問題です。

人間の根幹へアプローチできなければ、食欲増進を抑えることは困難だと考えています。

ホルモン療法による食欲増進は、自律神経を整える事で抑制できる可能性があります。

また、女性ホルモンに影響を与える事なく食欲減退を図る手段として、漢方薬の使用(防風通聖散)も期待できます。

防風通聖散

漢方薬です。防風通聖散には、18種類の生薬が配合されており、それぞれの相互作用が相まって、抗肥満効果を発揮します。

防風通聖散による抗肥満効果のメカニズム

防風通聖散は、脂肪の燃焼とグレリン(食欲中枢を刺激するホルモン )の分泌を促進することで、図のようなダイエット効果を表します。

気をつけて頂きたいのは、生薬の効果は体質により個人差が出てしまうこと、副作用として、熱りがあることです。ホットフラッシュが出現している時は、防風通聖散は控えた方が良いと考えられます。防風通聖散は医療薬として保険適応されていますので、服用する際は主治医へ相談して下さい。(薬剤師より)

自律神経を整える

ツボ押し

自律神経は、副交感神経と交感神経に分けられますが、副交感神経を整える方が良いです。副交感神経を整えるツボ、方法を、鍼灸師へ聞きました。

鍼灸師が教えるツボ刺激・太衝鍼灸師が教えるツボ刺激・百合

交感神経が高ぶっている状態は、氣が下がっている状態みたいです。太衝⇒百合の順にツボ圧しすることで、氣を頭部から放出させ、副交感を優位にできるようです。

生活習慣

  • 睡眠のリズムを整える
  • 朝から太陽を浴びる
  • 朝食を必ず同じ時間に食べる
  • 就寝2時間前に入浴をする

自律神経については、後日別の記事で述べます。お待ちください!




まとめ

エストロゲンが原因の乳がん患者は約6割です。

エストロゲンは、食欲抑制作用があるため、ホルモン療法によるエストロゲン分泌減少は、体重増加の要因となります。

エストロゲン分泌減少により、自律神経の乱れを引き起こすので、自律神経を整える事で、食欲減退が期待されます。