利尿薬

シェアする

がん治療による有害事象は、体液バランスを崩し、全身または下肢の浮腫みを生じます。

浮腫み治療には、まず利尿薬が選択されるため、多くのがん患者が利尿薬を服用しています。

利尿薬は水分の再吸収を阻害するため、浮腫み改善に有効ですが、副作用にも注意が必要です。

服用されるご自身で副作用を把握することが、リスク軽減に繋がると考えていますので、利尿薬についてまとめました。

がんの浮腫み

利尿薬

がん、利尿機能と利尿管の作用

利尿薬の種類、がん

サイアザイド系利尿薬

一般名・商品名

ヒドロクロロチアジド・ヒドロクロロチアジド

トリクロルメチアジド・フルイトラン

インンダパミド・ナトリックス

作用機序

遠位尿細管にてNa+/Cl-共輸送体を阻害します。さらに、Na+の再吸収を抑制します。

ループ利尿薬

一般名・商品名

フロセミド・ラシックス

アゼセミド・ダイアート

トラセミド・ルプラック

作用機序

ヘンレ系蹄上行脚のNa+/K+/2Cl-共輸送体を阻害します。さらに、Na+、K+吸収を抑制します。

カリウム保持性利尿薬

一般名・商品名

スプロノラクトン・アルダクトン

エプレレノン・セララ

エサミセレノン・ミネブロ

作用機序

遠位尿細管、集合管のNaチャネルを抑制、またはアルデステロンを抑制します。さらに、Na+再吸収抑制と、K+排泄を抑制します。

バソプレシン拮抗薬

一般名・商品名

トルパプタン・サムスカ

作用機序

集合管での水分の再吸収を抑制します。集合管での水分再吸収にはバソプレシンV2受容体が関与しており、これを阻害することで再吸収を抑制します。

利尿薬の作動時間

利尿薬の効果や発現時間、持続時間まとめ

利尿薬の副作用

低カリウム血症(血清カリウム濃度が3mEq/L未満)

  • 低血圧
  • けいれん
  • 筋肉のこわばり
  • 腸閉塞など

低ナトリウム血症

  • 意識レベル低下、めまい
  • 倦怠感
  • 頭痛、吐気
  • けいれん

脱水

  • 意識レベル低下
  • 口の渇き
  • 皮膚の乾燥出現

多臓器不全

気付いた時には手遅れになることも。上記の副作用の末期症状ですので、まずは低カリウム血症や脱水を予防して下さい。

利尿薬の使い分け

全身の浮腫で、体液貯留を減らしたい場合は、まずループ利尿薬が中心です。ループ利尿薬で作用が不十分な場合は、サイアザイド系の利尿薬を併用する場合もあります。ループ利尿薬は低カリウムのリスクがあるため、血液データでカリウムが低下してきた場合には、カリウム保持性利尿薬をループ利尿薬と併用します。カリウム保持性利尿薬は、反対に高カリウム血症になると中止または変更になります。

以上の利尿薬を用いても利尿できない場合、最終手段としてバソプレシン拮抗阻害薬が登場します。

利尿薬の組み合わせは、主治医によって好みがあります。ある程度のセオリーはありますが、詳しくは主治医確認が必要です。

患者さん自身で気をつけて欲しい事

利尿薬を服用されている患者さんは多いです。

がん疾患の場合、多くの原因で全身または下肢の浮腫が出現します。

まず最初に行われる対策が、利尿薬になります。

利尿薬は速効性(ループ系)があり、脱水や低カリウム血症の副作用が出現しますので、服用される際は自身での管理も必要です。

尿量や尿の回数を把握されて下さい。

また、血液データの確認も行ってください。

基本は主治医が確認していますが、連休や休院期間が長くなると、脱水に気付かずに利尿薬を服用し続けた場合、多臓器不全に繋がりかねません(これは最悪のケースです)。

上記に乗せている低カリウム血症や脱水の症状を知っておくと、身体のサインにいち早く気づく事が出来ます。




利尿薬まとめ

がん患者さんの多くは利尿薬を使用する機会が多いです。

そのため、副作用を自身で理解して欲しいと思います。

利尿薬は水の再吸収を阻害する薬剤であり、全身浮腫の軽減を目的として処方されます。

速効性のあるループ系利尿薬や、強力なバソプレシン拮抗薬など様々です。

主治医により併用方法などが異なりますが、副作用が起こった際の身体のサインに気付く事が重要です。

参考文献
正木 崇生. 浮腫の診断と利尿薬の使い方. ドクターサロン60巻(8). 2016.