筋肉とたんぱく質

シェアする

私は常にタンパク質が大事です!と訴え続けています。

私たちはタンパク質が不足しがちです。

タンパク質が不足すると、血中アミノ酸濃度が少なくなり、筋肉がつきにくいだけでなく、減ってしまいます。

今回は、論文をもとに、その根拠を述べていきます。

タンパク質と筋肉の関係

筋肉と食事

筋肉は、増えるものだと考えている方が多いです。しかし、大人の筋肉は、減らないように調整されています。加齢と供にその機能も衰えてしまい、筋肉は減っていきます。食事を摂るという事は、筋肉を減らさない目的もあります。

アミノ酸と筋肉

タンパク質は、消化と分解によりアミノ酸となります。アミノ酸の中でも筋肉と関係が深いのは、BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)です。

筋肉におけるアミノ酸代謝

筋肉にはロイシンがとても重要

筋肉のメカニズムを語る時に必ず出てくるワードは、mTORです。筋トレやタンパク質によりmTORのスイッチがONになれば、筋肉増強が促されます。タンパク質が大事と言いましたが、特に大事なのは、アミノ酸のロイシンです。ロイシンが血液中に多く存在するほど、筋肉の増えるが大きくなることも分かっています。

筋肉の合成と分解のメカニズム
筋肉を増やすためには、ロイシンが大事

ホエイプロテインはBCAAが豊富

タンパク質が多く、さらにBCAAが豊富に含まれている食品は、ホエイプロテインになります。ソイ(豆)プロテインも販売されていますが、BCAA含有量が低いため、ホエイプロテインには敵いません。

タンパク質のホエイとソイを比べた時の変化

ロイシンを配合したホエイプロテイン

ロイシンが筋肉合成にはとても重要で、ホエイプロテインはBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシンの総称)が豊富である事は理解頂けたと思います。これらの知識を基盤として、監修したホエイプロテインが、リハテインWPIです。純度の高いホエイパウダーを使用し、ロイシンとビタミンが配合されています。ロイシン配合のホエイプロテイン

筋肉とタンパク質まとめ

筋肉は同化(増える)と異化(減る)を繰り返しており、そのスイッチには、mTORが関係している。

同化は筋トレやタンパク質の摂取により促される。

同化に重要なアミノ酸は、ロイシンであり、ロイシンが多いほど、筋肉合成は促される。

ロイシンが配合されたプロテインが、リハテインWPIである。