WPIとがん治療

シェアする

がん患者に対するホエイプロテインアイソレート(分離ホエイたんぱく質)の研究が、2019年に報告されました。

ホエイプロテインアイソレート(WPI)の摂取により、がん治療患者の筋力とがん治療耐性を改善する事が、cancer medicine(がん医学)雑誌で報告されました。

ホエイプロテインはWPC(濃縮ホエイたんぱく質)とWPI(分離ホエイたんぱく質)に分けられており、一般的に流通しているのは、WPCですので、ご注意ください。この記事を読む前に、WPIは凄い!で予習される事をおすすめします

ホエイプロテインアイソレート(WPI)とがん

英語論文ですので、こちらで詳しくご紹介します。

WPIはがん治療患者の筋力と治療耐性を改善する

タイトル

「ホエイプロテインアイソレートサプリメントは、化学療法を受けている栄養失調の進行がん患者の体組成、筋力、治療耐性を改善します」

方法

人工栄養(経口または経腸栄養)を行っていないがん治療患者(疾患もランダム)に、栄養の評価が行われ、栄養が低下してるヒトを対象とされました(166人)。

普段通りに生活とがん治療を続けながら、ホエイプロテインアイソレート(WPI)を摂取するという方法です。

低栄養状態であるため、高カロリー食なども通常通り提供されています。

また、特別な筋力トレーニングは指示されていません。

WPIは、たんぱく質20gに調整されました。

偶然にも、この量(たんぱく質20g)は、私の開発・提供しているリハテインWPIと同量になります。

WPIの取り方は自由で、水に溶かして飲んだり、食事に配合されたりしました。

結果

ホエイプロテインアイソレートとがん

WPIの摂取により、握力(筋力)、体組成、痩せが改善され、がん治療毒性も低下していました。

また、心配される明らかな胃腸系の症状は記録されておらず、WPI摂取による有害事象は確認されませんでした。

WPIを摂取しない群は、推奨されるたんぱく質を摂取できていませんでした。つまり、がん治療患者の大半は、必要なたんぱく質を摂取できていない事が分かりました。

考察

なぜWPIががん治療有害事象にに良い結果をもたらすのか

なぜWPIが、がん治療の筋力や治療耐性を改善したのか考察されています。簡単にまとめますと、以下の4つが挙げられていました。

  • WPIによりたんぱく質が十分に摂取できた
  • WPIに豊富に含まれる必須アミノ酸により、筋肉減少を抑制できた
  • WPIに含まれるシステイン(アミノ酸)による細胞保護効果
  • 筋肉たんぱく質の貯蔵が図れた

以上から、ホエイプロテインアイソレート(WPI)の摂取は、がん治療を支える有効な手段である事が支持されます。

この論文から、WPIの摂取は、がん治療に無害であること、そして筋トレをしなくても一定の効果があることが分かりました。

リハテインWPIは、ホエイプロテインアイソレートを使用

私の開発・提供しているリハテインWPIは、ホエイプロテインアイソレートを使用しており(商品名にもWPIと入ってます)、人工甘味料、人工香料、砂糖不使用です。

がん治療中の方にも提供できるように考えて開発された、健康面に配慮したホエイプロテインです。

食事から十分にたんぱく質が摂れない方、がん治療により筋力の衰えを感じている方は、是非検討して下さい。

リハテインWPIの直接購入はこちらから⇒https://dagoe.stores.jp