がん治療の副作用

シェアする

がん治療には様々な副作用が出現し、がん治療の継続を困難にします。

副作用に耐えられず、がん治療を中止した患者さんを多く見てきました。

副作用を抑制しつつ、抗がん作用を高める事が理想ですが、容易ではありません。

副作用は多くの症状があり、一つ一つの機序が異なるため、対策も一様でないです。

ここでは副作用の症状毎に、機序と対策をまとめていますので、参考にされてください。

一つ一つを調べて記事にするのに時間がかかりますので、完成次第、載せて行きます。

がん治療の副作用一覧

嘔吐の機序と対処療法

アレルギー反応・輸注反応

便秘と運動・食事・環境

骨髄抑制

全身倦怠感

皮膚障害

心・腎・肝機能障害

口内炎

手足のしびれ

味覚障害

間質性肺炎

脱毛