無酸素運動一覧

筋肉とたんぱく質

筋肉は同化(増える)と異化(減る)を繰り返しており、そのスイッチには、mTORが関係している。同化は筋トレやタンパク質の摂取により促される。同化に重要なアミノ酸は、ロイシンであり、ロイシンが多いほど、筋肉合成は促される。ロイシンが配合されたプロテインが、リハテインWPIである。

肩 (乳がん術後)

乳がん術後の症状に苦しむ方は多く、その原因はアライメントの問題から薬剤まで複合的です。大抵、主治医へ相談しても解決しないケースが多いです。今できる事は、自主訓練しかありません。また、一見関係の薄そうな有酸素運動を取り入れることも、有効とされていますので、ジョギングやランニングを始めてみるのもいいかと思います。

がんと筋トレ

がん患者さんでは、病態により筋肉量の減少が生じます。それを予防するために、筋力トレーニングを行う事が推奨されています。また、筋肉量を保つことは、予後にも影響を与えています。さらに、筋肉から分泌されるサイトカイン(マイオカインと呼ばれる)は、免疫機能の一旦を担っています。筋肉量減少を予防し、がん治療に臨んでください。

がんリハ

がんのリハビリテーションという言葉を聞いた事ありますか。リハビリという言葉は一般的に聞くと思いますが、具体的に何をするのかよく分からない。マッサージ?と思う方も多いと思います。